2015年05月19日

埴谷雄高さんの思い出 埴谷雄高さんの思い出 2015.5.19.

 遊びにいらっしゃい、と招待されたことは誰にもあるだろう。招待主は、全く知らない人からの招待は考えられないから、友人や知人に限定される。個人でなく、団体や集団からの招待もあろう。劇団からの招待や会などのお招きである。小生も、これまでに何回か、そのような機会があった。小生に絶対に来ない招待は皇室からだろう。園遊会などは遠い縁のない話である。
 招待を受ければ、必ず行くことにしているが、事情があって受けられないこともあった。そのような時は、丁重に行かれない旨を伝えている。
 埴谷さんから「遊びにいらっしゃい」と手紙をもらったのは1994年のことだった。吉祥時南町からの便りだ。いろいろ考えたが、結局この招待は受けなかった。小生は、かの『悪霊』を読んでいないのである。何回も挑戦したが、その都度挫折して、読破出来なかった。あれは完結していない、と慰めてくれ友人もいたが…。埴谷さんは、小生の「金子光晴の虚妄地帯」を世に送り出してくれた恩人である。戦時下の資料について、何回かお助けしたことはあっても、会ったことはなかった。耳が遠いからと、電話での話もあまりなかった。「自分で自分の記録をつくり、そして自分でまた自分を破っています。どれだけ続くか」なんて難解な手紙も戴いている。
 読破出来ないことを告げて、会いに行けばよかったと、今は後悔してる。
 同じようなことが、もう一つある。大岡昇平さんからの招待だ。これにも行けなかった。ただし、この理由は小生の時間的なことが理由である。これはまた別の機会に話そう。
posted by 櫻本富雄 at 18:33| Comment(0) | 空席通信・余話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする