2019年10月16日

2019.10の秋に思うこと・2019.10.16

新聞を読んでいたら(10月16日東京新聞・朝刊)斎藤美奈子さんのコラムが
目についた。国民の生命と財産を守ることが国の仕事だが、日本はどうだろうか。
19年の予算を見ると、防衛費は5兆二千六百億。防災費は一兆三千五百億。戦争は避け
ることが出来るか。自然災害は(台風)は避けることが出来るか。ざっとこんな記事で
ある。
全くその通りだ。この国はおかしい。費用の配分は逆だ。国民はそのことにもっと関心
を持たなくてはいけない。天災じゃしょうがないとあきらめていないか。
腹立たしいことばかりが、このところいっぱいある。
posted by 櫻本富雄 at 08:59| Comment(0) | 空席通信・余話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする