2020年02月05日

余話 2020.2.6

「汚れた桜」なんて本が上梓されてる。サクラは大和魂や日本のシンボルとしてでかい顔をしていた時代がありました。あまり良い時代ではなかったのですが、令和とやらになって、日本の総理が、サクラのイメージを徹底的にぶち壊している。ぶち壊しじゃない、破壊してるんだよと開き直っているのかもしれない。ともあれ、サクラのイメージを汚くしていることには拍手喝采だ。ものすごい総理大臣だね。
posted by 櫻本富雄 at 18:11| Comment(0) | 空席通信・余話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: